東日本メディコムの関根です。

来月(5月分)から、また電気代が上がりします。
正確に言うと、上がるのは電気料金ではなくて、
再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)です。

TEPCO検針票カット


再エネ賦課金とは、
温暖化防止を目的として再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力など)を
普及させるために、国が電気の利用者すべてに負担を義務付けているものです。
再エネ賦課金は電力会社から買う電力量に比例し、多いほど高くなります。

この制度が始まったのは平成23年からで、当時の負担額は0.03円/kWh。
月に500kWhの電気を使ったとしても、たった15円の負担です。
「これで温暖化防止に協力できるなら!」と、喜んで払える額だったのですが、
この負担額も年々上がり、今年度の負担額は2.64円/kWhにまで上昇!
月に500kWhの電気を使ったら、1320円も電気料金に上乗せされてしまうのです。


再生可能エネルギー発電促進賦課金の推移

上の表のとおり、わが家は太陽光発電を設置しているので、
自家発電の電力で賄っている分その打撃はいくらか小さいのですが、
それでも昨年度は、年間で約15000円の負担。
この制度がスタートしてたった4年で88倍になるとは予想も
していなかっただけに、もう少し国でどうにかしてもらえないのか
と考えてしまいます(T_T)

ところが国の現状は・・
「電力多消費産業への賦課金減免制度」なんてことを始めてしまった為に
国費負担額が増え、財政を圧迫している状況。
こんな制度を始める前に試算してみれば結末も見えていたと思うのですが、
なぜ8割も減免するなんて言ってしまったのでしょう。
ますます一般家庭への配慮は、期待できなくなってしまった気がします。

この再エネ賦課金、いつかは下がってくるはずですが、
早いうちに負担を小さくするには、節電や省エネ機器の導入、
太陽光発電などの設置など、電力会社から買う電気を減らす以外に
なさそうですね(^^;)

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


スポンサーサイト
2017.04.22 Sat l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top
東日本メディコムの関根です。

今年に入り、早くも2カ月半が過ぎようとしております。
ここ埼玉では、2月に入ってから好天続きの上にだいぶ日も長くなったので、
毎日わが家の発電量を見るのが楽しみです(^^)

穏やかな天候が続き、すっかり平和ボケしておりますが、
世界に目を向けてみると様々な異常気象や異常現象が起きていて、
温暖化の恐ろしさをあらためて痛感します。

今月8日にはペルー南部のプーノ州が、前例のない雹嵐(ひょうあらし)に
見舞われたそうです。

ペルーの雹嵐1

ペルーの雹嵐2
画像元:fobosplanet

自動車のタイヤの上あたりまで雹が積もってしまうという事態が発生したのですが、
驚いたことに、この雹の降った時間はたった 10分間だったそうです。

雨水に対する排水設備が整備されていない地域ということもあって
被害が拡大してしまったのでしょうが、
10分でこれだけ積もってしまっては、避難する暇もなかったと思います。

南米ではここ数年、異常気象の発生が多くなっていますが、
このような雹嵐はこれまでになかった現象だそうです。

いつどこで何が起こるかわからない地球になってきました。
日本は大丈夫!なんて思っていられませんね。



では、我が家の発電量です!

風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の
2月の総発電量は498kWh、売電量は368kWh!

2017年2月 月間発電量  2017年2月 日毎発電量
↑クリックすると大きくなります

発電シミュレーションによる発電予測368kWhに対して135%の発電量!
設置以来の最高値を記録しました。


2月発電量 過去8年
(総発電量・売電量は、モニターで日毎に計測した数値の合計値)


今年の2月は例年より日射量が多かった上に、風が強く屋根上の温度が
上がりづらかったのが記録更新の要因になったと思われます。

設置から7年以上たって最高値をはじき出したということは、
劣化もほぼしていないと考えて良さそうです(^_^)

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


2017.03.11 Sat l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top
2017.01.25 Wed l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top
東日本メディコムの関根です。

梅雨明けが遅かった上に、台風が6回も上陸するという、
日照には恵まれなかった今年の夏。
テレビから流れるニュースも、国内外の自然災害のことが、
酷く多かった気がします。

つい先日も大型ハリケーンがハイチを直撃し、深刻な事態になっておりますが、
今年は日本各地でも多くの水害が発生し、甚大な被害を受けました。

熊本県では、地震、記録的な大雨、そして本日発生した阿蘇山の噴火と、
ここ半年の間に自然災害が集中し、地域の皆さんの無事を祈るばかりです。

地球が温暖化していくほどに、自然災害が頻発するようになって
行くのかと思うと、本当に恐ろしいです。

個人的な温暖化対策としては太陽光発電の設置をはじめ、
古い家電などの買い替え、不要な照明を消すなど節電に努め、
節水や雨水の再利用などの工夫もしています。
節水も水の浄化施設の処理量を減らすため、立派な節電なのです。


では我が家の発電量で、過去5年間と今年の夏の発電量の比較を
してみたいと思います。

風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の
発電量と売電量です!(総発電量、売電量はモニターで計測した数値)

2016年 夏の発電量


梅雨がなかなか開けなかった7月と雨が多かった9月は、
2010年以来、一番少ない発電量でした。

弊社のお客様をはじめとする太陽光発電を設置されている皆様にとっても、
ちょっと物足りない夏だったと思いますが、
これ以下はないことを祈り、来年の夏に期待したいと思います(^^)

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


2016.10.08 Sat l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top
東日本メディコムの関根です。

今日の朝日新聞デジタル環境ニュースの記事によると、
「今年(2016年)の夏は猛暑になる可能性が出てきた」ということです。

今年は、観測史上(1898年以降)最も暑かった2010年と海や大気の
状況が似ているそうで、
更にいくつかの条件が重なると、全国的に暑くなる可能性があるそうです。

2010年といえば、観測史上6~8月の平均気温が最も高かった年で、
全国11地点で35度以上の猛暑日の日数を更新した年でもあります。

栄養バランスの良い食事を心がけ、睡眠をしっかり取り、
今から暑さに負けない身体作りをしておきましょう。


では、我が家の発電量です!

2016-06モニター1


風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の
5月の総発電量は510kWh、売電量は369kWh!

発電シミュレーションによる発電予測469kWhに対して109%の発電量!
今年の5月は、例年より日射量が少なかったようで、
2009年に設置以来、2011年5月の425kWhに次ぐワースト記録に
なってしましました。
節電に努め、自給率は100%をなんとか達成することができました!


先日関東でも梅雨入りし、今月は日本中の太陽光発電が揮わない月ですが、
早めの梅雨明けを期待したいと思います (^_^)

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

2016.06.09 Thu l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top