東日本メディコムの本間です。

本日は先日施工した工事の風景をご紹介♪(o・ω・)ノ

川越のお客様にて、太陽光発電とオール電化の工事とともにレンジフードの交換も行いました。

f1

こちらが施工前のレンジフードです。
いわゆるシロッコ型のフードで特に古いタイプではありませんが、
ご主人のご希望によりIHクッキングヒーターと連動する最新のスリム型に交換を行いますヾ(o´∀`o)ノ

f2

まずは解体です。
前面は軽くビス止めされているだけなので比較的簡単に取り外せます。

f3

システムキッチンとセットのレンジフードは本体もビスが4点ほどで止まっている程度なので、
ダクトに気を付けながら取り外します。

f4

スリム型の登場です
システムキッチンの棚高に合わせて慎重に位置を決めていきます。
スリム型はL字の金具でしっかりと止めなくてならないので、解体よりも少し大変。
ファン本体とダクトの間が空いてしまうことが多いので専用のアタッチメントが必要なケースが多いですが、
今回は外に排気するダクトの位置がよかったのと予長があったのでそのまま取り付けられました。

f5

前面に幕板を取り付ければ完成♪f6

カッコいいですね(*´ω`)

f7.jpg

最新型のパナソニックIHクッキングヒーターとともにプチリフォームという感じでございます。


東日本メディコムでは、このようなキッチン周りのお取替えをはじめ、
中規模なリフォーム、お家の塗装まで請け負っております。

しっかりと「結果にコミット」しますのでご安心ください!
スポンサーサイト
2015.12.20 Sun l 工事の風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top

私どもは太陽光発電とオール電化やさんでございますが、

塗装やリフォームも承ります


今回は八王子で太陽光発電とオール電化とともに、キッチンの全面改修も行いました。


i134.jpg


i135.jpg


築年数もそれなりに経過してることから、キッチンは天井から壁から床から、全部リフォームを行います



i136.jpg

壁を剥がし床を剥がし


i137.jpg

するとこんなにキレイに

このシステムキッチンはパナソニックのリビングステーションです

i138.jpg

う?ん、カッコイイ

i139.jpg

まさにビフォーアフター



i140.jpg

お屋根の主役も三洋の215W太陽電池が18枚



改築などの大規模なリフォームは難しいですが、
システムキッチンやシステムバスなどのオール電化に関係するリフォームは喜んで承りますので、
ぜひぜひ御相談下さい。

太陽光発電設置時にリフォームを行うと
リフォームローンよりも金利が安いソーラーローンを利用することができます。
引き落としをひとつにするチャンス













2010.12.28 Tue l 工事の風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top


調子よく更新


今回は、いつもお世話になっている坂戸のイケヤ建築設計さんの建物です


b1.jpg


イケヤ建築設計さんは、最初から完成まで建築主と建築士がパートナーになり設計及び工事の管理、工事の依頼を行うオープンシステムという方式でお家を建てる会社さんです

b2.jpg

ヤシの木がアクセント

b3.jpg

気になった方はイケヤ建築設計さんへお問合せ下さい

電話:049-298-6202




さて、コチラの屋根は1寸勾配。

つまり約6度ほどしか傾斜がない、ほぼ陸屋根です。


b4.jpg

1寸の場合、雨やホコリが流れずに太陽電池の上にたまってしまい、

通常は三洋もシャープも施工が不可なんです



でも!シャープの特注架台を使用すれば施工OK

このフレームに
b5.jpg

この高さのある金具を
b6.jpg

とりつけます!
b7.jpg


屋根では墨出し中。
垂木を探しています。
b9.jpg

金具を垂木に当ててビスを打ち込みます。
b10.jpg

しっかりとコーキング
b11.jpg

さきほどのフレームを取り付けて、
b8.jpg

太陽電池を載せると・・・
b14.jpg

傾斜がついています!
プラス10度
b15.jpg


これでしっかり発電します
b16.jpg

1寸屋根で販売店に断られた方はぜひご相談下さい
条件がありますが、設置が出来るかもしれません

東日本メディコム株式会社
電話:048-662-5555


2010.11.15 Mon l 工事の風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top

久しぶりに本間が書き込んでいます・・・


何だか忙しくてスミマセン・・


ホームページのアンカー工法のページを更新しました。

かなーり詳しく写真を載せましたので、

ぜひご覧下さい。


ここまで詳細に紹介してるのはウチくらいじゃないでしょうか


2010.06.10 Thu l 工事の風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top

実は、埼玉県のNPO法人を中心としたあるプロジェクトが進んでおりました。

それは、




「市民参加型 太陽光発電所」




というものです。


NPO法人の環境ネットワーク埼玉さんが中心となり、

「お日さまクラブプロジェクト」を発足、

埼玉県内の保育園等に太陽光発電を設置していこう、という活動が昨年スタートしました。



何が市民参加型かと言いますと、



設置費用は市民からの寄付で賄うのです。

もちろん全額ではなく、グリーン電力基金や埼玉県からの補助も入りますが、

寄付目標は120万円ですから、

これは大した金額です



さて、設置する保育園はと言いますと、

記念すべき第一号機はさいたま市内の「与野ひなどり保育園」さんです。

i98.jpg


埼玉新聞社さんのご協力もあり、

私ども東日本メディコムもプロジェクトに参加、施工を請け負いました

そして先日の6日から工事が始まったのです。


i100.jpg

まず太陽電池を屋上に上げました。

i101.jpg

今回設置するのは、この"ひさし"部分です。

i102.jpg

陸屋根施工のため、アンカーを打つ必要があります。まずは穿孔

i103.jpg

あきました

i104.jpg

これが土台になる特注金具です。

i105.jpg

カッコイイ粉塵除去機で粉を取り除き、アンカーを準備します。

i106.jpg

穴にアンカーにエポキシという特殊溶剤を流してビスを差し込みます。
この溶剤はものすごい強度と接着力があり、コーキングとしてはお手軽で最高ランクの威力があります

i107.jpg

これが陸屋根架台です。一つ一つ組み立てていくのです。




ここで一日目は終了。
次は11日の予定です。


2010.02.10 Wed l 工事の風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top