屋根上からパチリ


屋根の上から写真を撮りました。三洋の210NKHというタイプの太陽電池です。


5枚見えていますが、この5枚を直列につなげて一つの回路にしています。

■?■?■?■?■ という感じ。

太陽電池というだけあって、乾電池と一緒ですね。



しかし・・・
屋根の上というのは、晴れている日は気持ちが良いですが、風の日はたまりません。


これは別の現場での写真ですが、

i29.jpg

と、屋根の上で立つのはモチロン、

i30.jpg

配線や据付も、風が吹こうがヤリが降ろうが工事の質は落とせませんので、集中してやるのみです。


客観的に見れば、風の抵抗をモロにうける大きな板を持ちながら屋根にいるわけですから、
一歩間違えば大変なことになります。


こうやって日々工事を見ておりますと、営業マンとしては工事費は絶対に値引けなくなってきます。
(値引きませんが)

だって、職人さんはこんなに危険な場所で電気工事や据付工事をやっているんです。
それなりの対価を支払わねば失礼です。(というか工事してくれません)
そもそも高所恐怖症の私にはできません(><)


お客様の中には何故に工事費が20?50万円もするのか不思議な人もいるでしょう。
でも。そこには理由がちゃんとございますので、ご了承下さい。

何十年も使うものですから、やっぱり工事が大切なんです。



さてさて、トップのイメージを変えてみました。
まだ4月にもなっておりませんが、気分は夏気取り太陽





スポンサーサイト
2009.03.27 Fri l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top