風の谷発電所オーナーの関根です。

9月に入り、モニターも秋色に変わりました。

秋カラー20907_074315


8月中は雨が少なく、打ち水しても焼け石に水で、
緑地帯の土もすぐ乾いてしまう状態でしたが、
この1週間は埼玉県内でも、所々でまとまった雨(豪雨?)が降り、
カラカラだった地面は冷却され、息を吹き返した感じです。
屋根の上で干からびていた太陽電池の汚れも落ち、
ちょっぴりキレイになりました(^_^)

こんな、雨乞いしたくなるくらい晴れの日が多い埼玉県は、
間違いなく、太陽光発電に向いている地域です。
この、埼玉県大里郡寄居町にある県有地に、
どうやら2688キロワット(年間発電予測287万キロワット)
のメガソーラーが建設されるらしいです。

環境にも、寄居町にも貢献できるこういったエコタウン事業、
どんどんやって欲しいですね(^_^)
↓↓↓
寄居のメガソーラー協定締結


風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の
8月の総発電量は569kWh、売電量は350kWh!でした (^o^)丿
(総発電量は月毎、売電量は電力会社の〆日で計測してマス)

8月総発電量 発電量・消費量120907_074120 CO2-120907_074140 日毎120907_074150
モニター(月の積算、発電量・消費量グラフ、CO2換算、日毎の発電量)

発電シミュレーションによる、発電予測440kWhに対して129%の発電量!
埼玉県は、例年より雨天の日が少なく、
明るい時間帯の夕立や、ゲリラ豪雨に見舞われることも
さほど無かったので、快調な発電量でした(^_^;)
スポンサーサイト
2012.09.08 Sat l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top