風の谷発電所オーナーの関根です。

またまた電気料金が上がります。
といっても、上がるのは電気そのものの単価ではなく、
経済産業省の告示にもとづく賦課金というもの。
なので、全ての電力会社の電気料金が同じく値上がりする訳です。

電気の検針票を見ていただくと、「再エネ発電賦課金等」と、
よくわからない料金が記入されていると思います。
その再エネ発電賦課金が、5月分から、
0.28円/kWhから0.35円/kWh に上がることになります。

たとえば、年間6,000kWhの電気を使うお宅の場合、
0.35円 × 6,000 kWh
で、2,100円上がる計算になります。
ちなみに、この賦課金には消費税も含まれております。

燃料調整費もどうやら上がるようなので、頭が痛いです。
節電意識がちょっと緩んできちゃってるな・・という方。
今一度、気を引き締め直しましょう!


では、先月の発電量です!
風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の
3月の総発電量は494kWh、売電量は344kWh!
(総発電量は月毎、売電量は電力会社の〆日で計測してマス)

積算 発電量・消費量 CO2.jpg 日毎
モニター(月の積算、発電量・消費量グラフ、CO2換算、日毎の発電量)

発電シミュレーションによる、発電予測411kWhに対して120%の発電量!

月の後半は、太陽の姿をあまり見れず、少々がっかりしていましたが、
思ったよりも多く売電できていました。4月もこの調子でいけることを祈ります(^_^)
スポンサーサイト
2013.04.10 Wed l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top