東日本メディコムの関根です。

先日、平成27年度の買取価格が、資源エネルギー庁より発表されました。

東京電力の管轄する区域内にお住いの方で、
10kW未満の太陽光発電設備を設置された場合は、33円/kWh、
10kW以上の太陽光発電設備を設置された場合は、29円(税込31.32円)/kWh、
となります。

詳細はこちら↓
http://www.meti.go.jp/press/2014/03/20150319002/20150319002.pdf

これでどれぐらいの売電収入や経済効果が得られるのか?
仮に、私の家の太陽光発電システム(4.0kW、2方向設置)で計算してみることにします。
年間の総発電量は、年間平均約5,500kWh。
そのうち、余って電力会社に売った電気が年間約3,600kWhです。
売電による年間の収入は、3,600kWh × 33円 = 118,800円ということになります。

太陽光発電と併せてエコキュートを導入することで削減できた光熱費は、
年間約140,000円だったので、
売電収入118,800円+光熱費削減分140,000円で、年間約258,800円の
経済効果が得られるということになります。

我が家のデータをもとにして算出しているので、各ご家庭の電気の使用状況によって
経済効果は違ってきますが、
10年間で250万円以上もの光熱費が削減ができるのかと思うと、
投資した分を回収した後の利益は大きいですね。

さらに、我が家の年間3,600kWhの売電は売電先を変えることで、
電力会社に売るよりも、年間あたり4,100円高く買い取ってもらっております(^.^)

太陽光発電設置をご検討中の方は、ぜひ東日本メディコム
048-550-3330 までご相談ください。
スポンサーサイト
2015.03.25 Wed l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top