東日本メディコムの関根です。

少し前よりは緩和された気もしますが、まだまだ野菜が高いですね。

各主産地での4月下旬までの日照不足と、それ以降続いている干ばつが影響し、
野菜の高騰が止まらなくなっている訳ですが、
農林水産省の調べによると、6月に入り天候が順調に推移すれば、
にんじん・きゅうり・なす・トマト・レタス・ホウレン草などは6月下旬あたりから、
平年並みの価格に落ち着いてきそうです。
キャベツ・たまねぎ・長ネギなどは、7月以降まで高値が続きそうです。

6月といえば祝祭日もなく、貯金月なんて言われ方もしますが、
野菜に限らず物価の上昇が続いている今年は、節約もなかなか難しそうですね。

そうはいっても食料や生活必需品は買わない訳にはいかず、
必需品以外の物に「買い控え」というしわ寄せがきているのが現状です。

そんな中、光熱費の節約に繋がる太陽光発電の需要は伸びています。
災害時や停電事故にも一役買ってくれる蓄電池と併設すれば、
「電気の保険」として、万一の時をフォローしてくれます。
また、深夜の安い電気を溜めて昼間にスライドすることもできる蓄電池は、
太陽光発電と併せて最近注目を集めています。

3月末からスタートしている国の補助金も、
5月28日の時点で、受付件数13,430件(補助金予測枠20,500件の66%)と、
残りの枠が7,000件というところまできています。

残りが少なくなると、申込みが殺到する恐れもありますので、
設置を検討されている方は、ぜひ早めに当社までご相談ください。

お問い合わせは、
東日本メディコム 048-550-3330 まで
スポンサーサイト
2015.05.30 Sat l 補助金について l コメント (3) トラックバック (0) l top