東日本メディコムの関根です。

ここ埼玉では、今日も予想最高気温が33℃という真夏日。

今年は梅雨らしいだらだらと降り続く雨が少なく、
太陽光発電を設置している私は、時折覗く太陽にちょっと有難い
気分になったりしていましたが、
天然の太陽電池パネル洗浄機ともいえる雨が少ないことで、
例年より汚れが落とせてない??

水道水には白くなるミネラル(カルシウム)成分が含まれているので、
太陽電池の洗浄には向いておらず、雨水による洗浄は理想的とも言えます。
まとまった雨が少ないということは、パネル上の埃などを洗い流すチャンスを
逃してることにもなるんですね(^_^;)

しかもこの降水量の少なさで、利根川流域は水不足が深刻でございます・・。
本日(17日)、気象庁より「少雨に関する関東甲信地方気象情報 第2号」が、
発表されました。

関東甲信地方(特に関東地方北部)では、5月上旬から降水量の少ない
状態が続いていて、5月1日から6月16日までの各地の降水量は、
所によって平年の50%程度という少なさです。
利根川上流の8つのダムは、貯水率の平均が38.5%(17日21時現在)と、
平年の半分程度という状況。

 利根川上流8ダム諸量・各種観測データ(国土交通省 関東地方整備局)

この事態を受け、16日から10%の取水制限が実施されていますが、
梅雨に時期に取水制限が始まるのは、前例がないそうです。

この雨の少ない状態は今後2週間ぐらい続く見込みということなので、
個人的にも節水を心掛けております。
一昨日の雨天時に庭にバケツやボウルを置き、わずかに降った雨を溜めて、
プランターの植物の水やりに利用してみました。

家族全員が意識的に水をこまめに止めるだけでも、水の無駄使いを
だいぶ減らせると思います。
節水は水道使用料の削減にもなり、ひいてはCO2の削減にも繋がります。
風呂水や雨水の再利用するなど、みんなで節水に努めましょう(^_^)/

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
スポンサーサイト
2016.06.18 Sat l 環境 l コメント (0) トラックバック (0) l top