東日本メディコムの関根です。

関東甲信も梅雨入りしたもようですが、
埼玉県(さいたま市)の週間天気予報を見てみると
明日から1週間先まで傘マークがありません。

太陽光発電オーナーにとってはありがたいですが、
昨年のような農作物の高騰は家計への打撃が大きいので、
降るべきものは降って欲しいですね。


さて、10日ほど前にトランプ氏がパリ協定離脱を表明しました。
アメリカにとって不利益なことばかり!
という理由のようですが、長いスパンで考えたら、
地球を敵にまわす方が不利益に思えてなりません(-_-;)
トランプ氏に軍配が上がった時から覚悟はしていましたが、
世界のリーダー国且つ、CO2排出量2位のアメリカの脱退表明は
やはり衝撃が大きいですね。

しかし、パリ協定の第28条では、発効後3年は脱退することが
できませんと規定しています。
さらに、正式な脱退手続きには1年掛かるということです。
パリ協定が発効されたのは2016年11月4日ですから、アメリカが正式に
脱退できるのは2020年11月4日以降ということになり、
次の米大統領選の時期と、ばっちり重なることになります。

この4年間でトランプ氏の支持率がどれだけ上がるかわかりませんが、
お年を考えると二期目は体力的にもお辛いのではないかと・・。
もし次期政権で脱退を撤回することができるのなら、
今はそこに期待するしかなさそうです。

ちなみに、才色兼備で世界中から注目を集めたトランプ氏の長女
イヴァンカさんは、パリ協定残留派。
なんとかお父様を説得していただきたいものです(^^;)

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
スポンサーサイト
2017.06.13 Tue l 環境 l コメント (0) トラックバック (0) l top