FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
東日本メディコムの関根です。

関東地方も梅雨に入りました。
梅雨入りが発表された翌日から晴れて暑い日が続いておりますが、
今年の梅雨は序盤で大雨に見舞われる恐れがあるということなので、
河川の様子を見に行ったり、アンダーパスを通行したり、
事故のリスクが高い行動は避けるようにしましょう(^^;

さて本題です。
昨年FIT法が改正され、設備認定の大幅遅延が問題になりました。
(太陽光発電による電力の売電開始には、設備認定が必要です)
改正2年目の今年は受付窓口の作業プロセスも確立して、
スムーズに認定が下りると期待していたのですが、
昨年とほぼ変わっていません(`ヘ´)/

今年度の設備認定申請(入力)が可能となっていた初日(1月13日)に
申請した太陽光発電の設備認定が、6月9日現在も下りていないという
由々しき事態となっております。
つまり、1月13日以降に太陽光発電システムの設置を決められた方は、
誰も売電を開始できていないということになります。

太陽光発電を設置された皆さまには、一日も早く売電の楽しみを
実感していただきたいと思うのですが、
国(経済産業省)の認定遅延に阻まれ、売電の開始を何カ月も
お待ち頂いている状況です


申請窓口となっているJPEA代行申請センターのホームページは、
4月中旬から未更新で今年度の申請に関する進捗状況は、確認する
ことができません。
電話は常に混雑していて繋がらず、憤りを禁じ得ない昨今です(-_-;)
これが太陽光発電を含む再生可能エネルギーを普及したいという国の
取るべき姿勢なんでしょうか。
早く体制を改善して欲しいものです。

総務省に、国民の行政などへの苦情、意見、要望などを受付け、
行政の制度や運営の改善に生かす役目を担う窓口があります。
設備認定の遅延に関する苦情は、経済産業省よりも、こちらの
窓口に相談した方がいいかもしれません(^-^;

総務省行政相談センター

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


スポンサーサイト
2018.06.09 Sat l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。