風の谷発電所オーナーの関根です。

冬晴れ続きで毎日よ?く発電してくれているので、クタクタになって帰っても、
本日の発電量を見るとほんの少しだけ疲れが癒えマス(^_^;)

気がつけば、11月の発電量の報告もしていないうちに12月も終わり、年が明けて
なんと21日も経ってしまっていました(>_<)
なまけているわけでもないのですが・・今年はもう少し更新がんばりますm(__)m

11月分から買取電力料も値上がりし、1年以上前から太陽光発電を設置している方は、
喜びもひとしおだと思いマス(~_~)

我が風の谷発電所は、南南東3.0kW+西南西1.0kWの
合計4.0kWシステムです。

11月の総発電量は310.4kWh、売電量は212.7kWh
システム1kWあたりの月間発電量は、77.6kW

12月の総発電量は392.4kWh、売電量は270.9kWhでした。
システム1kWあたりの月間発電量は、98.1kW

ということになります (^o^)丿

では、買取電力料が48円に値上がると、4.0 kWの太陽光発電
システムをつけている家の光熱費がどんな感じになるのかを、紹介したいと思います(^o^)丿

風の谷発電所 設置前の12月の光熱費は30,002円。

風の谷発電所 今年の12月の光熱費は11,119円。売電収入13,680円。
つまり光熱費ゼロで更に2,561円の利益が出たことになります!
そして設置前と比べると、たった一ヶ月で32,563円も節約しちゃったワケです(^O^)

いやぁ?・・計算してみて驚きました!
3万円も払っていた光熱費がゼロになるとは正直思っていませんでした(゚o゚)

販売店の立場からじゃなく、設置している立場から、太陽光発電をつけられる屋根の方は、
ホント?に設置をおすすめしちゃいますね。

ただし、いつ設置しても買取電力料48円という高待遇を受けられる訳じゃないので、そこ
だけはお気をつけください!「設置するならお早めに!」です。

資源エネルギー庁のホームページでは、
買取制度の開始当初(制度開始後、平成21年11月1日から平成23年3月末までに買取り
の申込みのあったもの)の買取価格は、48円/kWhと言う方向性が出されているところです。

と説明されていますが、今のところ確定と言い切ることもできません。
まめにチェックして、確定次第またお知らせしていきたいと思います(~_~;)


資源エネルギー庁/買取電力について


【今週の設置写真】
さいたま市Y様邸
1月26日発電デビューの、さいたま市見沼区Y様邸
水道工事店の社長さんで、エコキュート設置用の基礎工事を
自らやってくださいました!ありがとうございましたm(__)m






スポンサーサイト
2010.01.21 Thu l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/103-79f833d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)