上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
風の谷発電所オーナーの関根です。

本当に本当に暑い日が続いてますね(*_*)
仕事に追われてブログの更新をちょっと怠けていたら、梅雨に入り
その梅雨も明け、猛暑が訪れちゃっていました。
節約に励んできた我が家も、毎日エアコンがフル回転してます(>_<)
光熱費を節約しようと、私だけが扇風機でがんばっていたりするんですが、
熱射病対策で水分を摂ったりアイスを食べたり・・。
浮かせた光熱費より、アイス代の方が高くついているんじゃないか
って話しデス(・・;)

さて、しばらく更新していなかった風の谷発電所のデータをまとめて発表
させていただきますm(__)m

風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の

5月の総発電量は526.9kWh、売電量は344.0kWh
6月の総発電量は476.3kWh、売電量は246.0kWh
7月の総発電量は464.0kWh、売電量は264.0kWh

でした(^o^)丿
(総発電量は各月の1日?月末、売電量は電力会社の〆日で計測してマス)

関東地方は今年6月14日に梅雨入り、7月17日に梅雨明けと、
例年より梅雨明けが早めだったので、7月は予測発電量より多く発電
してくれてました (^。^)


ところで、太陽光発電を設置しているみなさん。
この炎天下に一日出掛けたりすると、
「今日はさぞかし発電してくれているだろうなぁ」
と発電量が楽しみになりますよね。
ところが帰って本日の発電量を見たら
「アレッ?もう少し発電してると思った!」
なんて感じることがありませんか?

実は、太陽電池も私たちと同じように暑さバテをするので、暑い真夏は
晴天であっても、気温の低い冬場の晴天時より約10%程度、発電効率が
落ちてしまうんです。

カタログなどに載っている「公称最大出力」は、モジュールの温度が
25℃の場合の値で、1年中いつでもこの発電量というわけではないの
です。

その暑さバテ対策をしてある太陽電池が、当社でもイチオシの
三洋HIT太陽電池!
難しいことは書きませんが、この三洋HIT太陽電池の層の中には、
暑さに強い材質が使われていて、夏の暑さの中でも発電効率の低下を
最小限に抑えてくれるのです。
優れた温度特性を発揮し、しっかり発電してくれるという訳です (^.^)

とにもかくにも暑すぎるのは、人にも太陽電池にも過酷な環境です。
これ以上、地球を暑くしないためにも!
回りの人たちにも太陽光発電をすすめてみてくださいね(^。^)

熱射病で倒れてしまう人が後を絶たないようなので、しっかり暑さ対策
をしていきましょう。
簡単な熱射病予防として、塩あめ常備して舐めてるといいらしいですョ。
スポンサーサイト
2010.08.04 Wed l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/139-942c436d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。