オバマ大統領が正式に誕生しました。

演説の中ではさほど噂の「グリーンニューディール政策」については触れていませんでしたが、
アメリカもいよいよ温暖化対策に本腰を入れていきそうです。
産業と環境の両立をどうやって政治で図っていくのか注視していきたいと思います。


さて、ブログでも再三書いておりますが、補助金が発表されて以来アクセス数が急増しています。それだけを見ても、皆さんの太陽光発電に対する意識の変化と興味が日増しに膨らんでいっているのがわかります。


さて、少し情報収集と思ってネット上を徘徊しておりましたら、某大手掲示板の太陽光発電スレにたどり着きました。
会社のブログ上で書き込むことではないのかもしれませんが、思うところがあってアップしちゃいます。


そこは太陽光発電業界の営業マンが集うスレでした。

テレアポは大変だ。
訪問販売は過酷だ。
ノルマが大変だ。

偏っておりますが、そこにはニュースで取り上げられているような華々しい太陽光発電の未来とは裏腹に、裏の現実が書かれていました。

1件で100万抜けた。
給料200万だった。
一ヶ月で3000万売り上げた。


お金(給料)がらみのこともたくさん書かれていました。


儲かってうらやましい。
と、つい思ってしまいます。

しかし、いくら企業には最低限の利益が必要だといえ、


儲けすぎじゃありません?


私が言う立場ではありませんし、訪問販売をけなすつもりもありませんが、過剰にお客さんから利益をもらうのはどうかと思ってしまいます。
お客さんの方で利益の中に価値が見出せていれば別ですが・・・


ただ、「太陽光発電やオール電化は手っ取り早く儲かるぜ」みたいな雰囲気になっているのは許せません。


こういう裏の掲示板を見た人が太陽光発電から離れてしまうのも悲しいです。


何も考えず、金になるからと言って無作為にこの業界に入り込む若者が多すぎです。
私利私欲だけのために太陽光発電を売るのはやめてほしい。
(実際、そんなに売れる商品じゃありませんが)


太陽光発電は怪しい浄水器や布団とは違うんです。

本来、提案には住宅やリフォームの提案と同じくらい骨を折らなければならない業種なんです。
物売りというよりは、設計です。


ウチはウチの販売方法でご提案をしていくしかありませんが、
真っ当に販売している人間や会社がバカを見るような業界にだけはしたくないですね。



太陽光発電は非常に素晴らしいものです。
普通に買えば、絶対に後悔しません。


ぜひ、太陽光発電のことは、東日本メディコムに聞いて下さい。



東日本メディコム株式会社
TEL:048(662)5555
http://www.sanyo-solar.net




スポンサーサイト
2009.01.21 Wed l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/16-2399371e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)