風の谷発電所オーナーの関根です。

今年の冬は、本当に寒いですね。
朝の出勤時に、車の外気温計が、マイナス(氷点下)を表示する日が、
例年より多く、
庭の金魚鉢にも、毎日のように氷が張ってます。

こう寒いと、空気も水も冷たいから、
先月と今月は、東電から購入した分の電気代(請求額)が、
10,000円超え(>_<)
5ケタの大台に乗ったのは、太陽光発電を設置して以来、
初めてのことで、ちょっぴりショックでした(・・;)

きっと、どこのお宅も、昨年より電気の使用量が多いんじゃないかと
思います(^_^;)


そんな訳で、皆さんのお宅の、経済効果も気になるところなのですが・・。

給水装置主任技術者の私としましては、
寒さによる水道管凍結と、破裂事故が心配なところです。

連日の寒さで、あちらこちらで、水道管破裂の事故が相次いでいるそうです。
気温が-4℃程度になると、水道管の中の水が、凍る確率が高くなります。

「蛇口をひねっても、水(お湯)が出てこない!」

そんな時は、家の外に出て、見えている配管部分や止水栓(バルブ)に
ぬるま湯を掛けるか、温かいタオルや布などでくるみ、
ゆっくり凍った水を溶かしてあげるようにしてください。
熱湯を掛けると、水が膨張し、水道管の破裂を起こすことがあります。

お湯が出ない場合は、エコキュートのタンクから出ている部分と、
家の壁に入る部分の水道管に、ぬるま湯をかけてみてください。

露出配管1
見えてる配管部分を、まず温めてみましょう

限定された蛇口からだけ、水(お湯)が出ない場合は、その蛇口に通ずる
水道管だけが、床下などの部分で凍ってることが多いので、
気長に溶けるのを待ちましょう。

いつも決まって凍結するようであれば、破裂事故の危険もあるので、
水道屋さんを呼んで、問題になっている部分の保温対策を考えた方が、
いいと思います。

スポンサーサイト
2012.02.10 Fri l エコキュート l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/191-7919341a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)