ソーラーエナジー事業部の関根です。
本日は、最低気温8℃のちょっと寒いくらいの秋晴れで、
絶好の太陽光発電日和ですね。

いよいよ・・と言うよりは、やはり!?
太陽光発電の国の補助金が、平成25年度(平成26年3月31日)で終了することが、
本決まりとなりました。
詳しくはコチラ↓
http://www.j-pec.or.jp/news/t13110501.html


「補助金がなくなる!」
というと、補助金をもらって設置した人に比べ、
「損をした」という感覚があるかと思いますが、
実はそうでもないのです。

購入価格の話しだけをしてしまうと、
例えば、2009年に補助金(7万円/kWあたり)を受け取り
当時の相場、1kWあたり60万円で太陽光発電を購入された方がいたとしましょう。
購入者の持ち出しは、1kWあたり53万円ですね。

では、今年設置した方はというと・・。
2013年の補助金(2万円/kWあたり)を受け取り
現在の相場1kWあたり41万円で、太陽光発電を購入したとすると、
購入者の持ち出しは、1kWあたり39万円です。

補助金がなくなるのは、
「国が補助しなくても、購入できる(1kWあたり30万円台)時代がやってきた!」
という背景を受けてのことでもあるのです。

当社がメインで販売している、パナソニックのHIT太陽電池。
10年前は三洋のHIT太陽電池でしたが、1kWあたり80~90万円台が普通で、
購入するのに、なかなか勇気のいる商品でした。

10年で半値以下の時代がくるなんて、その頃は想像もしていませんでしたが、
今では自然エネルギーである太陽光を利用した自家発電ハウスがたくさん増え、
本当に嬉しく思います。

私は、1kWあたり60万円の時代の太陽光発電を購入したひとりですが、
4年以上前から大幅な電気代の節約(ほぼ毎月電気代0円)ができていること、
東日本大震災の時に、太陽光発電のお陰で電気が使えたことを考えると、
決して損をしたとは思っていません(^_^)/


太陽光発電がついていない屋根は、まだまだあります。
地球の為にも、家計の為にも、防災対策の為にも!
もっともっと普及して欲しいと願っております(*^_^*)

東日本メディコム本社は、本日も太陽光発電を活用しながら稼動しております。
東日本メディコム


太陽光発電・オール電化のことなら、
東日本メディコム048‐662‐5555 まで、
お気軽にお問合せください!
スポンサーサイト
2013.11.06 Wed l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/222-c1e1db37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)