上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
風の谷発電所オーナーの関根です。

この時期になると売電収入の多い方から、確定申告についてのご質問を
頂くことがあります。

2012年7月からの固定買取制度が始まって以来、住宅に10kW以上の太陽光
発電を導入され、全量買取にされている方もずいぶん増えてきました。

事業として発電(売電)行われる場合を除いては、全量買取であっても
余剰電力の所得と同様に「雑所得」となり、課税対象となります。

ただし、太陽光発電設置に伴う確定申告については、給与所得者の場合で
給与所得以外の所得が年間20万円以下なら確定申告の必要がありません。
必要経費とは、太陽光発電システムの設置にかかった費用(購入価格)です。

「我が家は、確定申告が必要かもしれない」と思っていらっしゃる方で、
10kW以下の余剰買取の住宅用太陽光発電システムを設置されている場合は、
下記の式に数字を当てはめて計算してみてください。
「所得」の部分が20万円を超えてしまった方は、お近くの税務署にて、
申告方法などをご確認ください。
10kW以上の全量買取の住宅用太陽光発電システムを設置されている方は、
売電比率(按分率)を計算する必要がありません。

太陽光発電の税金

事業として導入されている方は、特別償却または税額控除などの税制優遇も
ありますので、詳しくはお近くの税務署にご相談ください。

【国税庁HP 質疑応答事例】
太陽光発電に関しては、(所得税関係)(各種所得区分と計算)46、47、48をご覧ください↓
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/01.htm


では、先月の風の谷発電所の発電量です!

風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の
11月の総発電量は407kWh、売電量は313kWh!
(総発電量は月毎、売電量は電力会社の〆日で計測してマス)

発電量11月 発電量・消費量11月 CO2 11月 日毎11月   
モニター(月の積算、発電量・消費量グラフ、CO2換算、日毎の発電量)

発電シミュレーションによる、発電予測307kWhに
対して133%の発電量!
10月と打って変わり、11月は太陽の恩恵をたっぷり受けることができました。
ちなみに、昨年に11月の発電量は367kWh だったので、40 kWh超の結果となりました!

冬晴れが続いているので、12月、1月の発電量も期待できそうですね (^_^)
スポンサーサイト
2013.12.28 Sat l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/224-362b77df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。