上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

東日本メディコムの関根です。

消費者が自由に電力会社を選べるようになるまで、半年を切りました。

2016年4月から開始される電力小売りの全面自由化に向け、
経済産業省は小売電気事業を営もうとする者について審査し、
10月26日までに事前登録がが完了した48件の事業者を公開しております。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/summary/retailers_list/

現在審査中となっている47件についても審査が終了次第、
順次登録を行っていくということです。

現在、託送料金申請の審査や小売営業等に関する詳細制度設計が
進められている段階で、
年内を目途に託送料金の認可およびガイドライン案の策定等を
行う予定だということです。

これらの進捗を踏まえ、小売電気事業者は、
契約の変更を希望する消費者の事前受付を開始する見込みなので、
来年1月頃から、別の電力会社(小売電気事業者)への契約変更の申込みが
できるようになりそうです。

契約変更(スイッチング)の手続については、変更先の電力会社(小売電気事業者)
が行うため、消費者が現在契約している電力会社に対して連絡を
行う必要はないということです。


自由化に伴う顧客争奪戦によって、私たち消費者に優しい電気料金に
なってくれるといいですね(^^)
スポンサーサイト
2015.10.31 Sat l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/250-bf647d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。