東日本メディコムの関根です。

梅雨明けが遅かった上に、台風が6回も上陸するという、
日照には恵まれなかった今年の夏。
テレビから流れるニュースも、国内外の自然災害のことが、
酷く多かった気がします。

つい先日も大型ハリケーンがハイチを直撃し、深刻な事態になっておりますが、
今年は日本各地でも多くの水害が発生し、甚大な被害を受けました。

熊本県では、地震、記録的な大雨、そして本日発生した阿蘇山の噴火と、
ここ半年の間に自然災害が集中し、地域の皆さんの無事を祈るばかりです。

地球が温暖化していくほどに、自然災害が頻発するようになって
行くのかと思うと、本当に恐ろしいです。

個人的な温暖化対策としては太陽光発電の設置をはじめ、
古い家電などの買い替え、不要な照明を消すなど節電に努め、
節水や雨水の再利用などの工夫もしています。
節水も水の浄化施設の処理量を減らすため、立派な節電なのです。


では我が家の発電量で、過去5年間と今年の夏の発電量の比較を
してみたいと思います。

風の谷発電所(南南東3.0kW+西南西1.0kWの合計4.0kWシステム)の
発電量と売電量です!(総発電量、売電量はモニターで計測した数値)

2016年 夏の発電量


梅雨がなかなか開けなかった7月と雨が多かった9月は、
2010年以来、一番少ない発電量でした。

弊社のお客様をはじめとする太陽光発電を設置されている皆様にとっても、
ちょっと物足りない夏だったと思いますが、
これ以下はないことを祈り、来年の夏に期待したいと思います(^^)

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


スポンサーサイト
2016.10.08 Sat l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/272-42bb4288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)