FC2ブログ
東日本メディコムの関根です。

台風13号の影響で、ここ埼玉の猛暑は小休止となりましたが、
週末からまた猛暑が続く予報となっています。

近年の日本では、毎年のように異常気象による激甚災害が発生していますが、
異常気象による災害に苦しめられているのは日本ばかりではありません。


5月25日
アラビア半島の先にあるオマーンで、
強力なサイクロンが直撃したことにより1日で同国の3年分
の雨が降ったために大洪水が発生しました。


5月27日
アメリカのメリーランド州のエリコットシティで、
わずか2時間で200ミリの降雨量を記録し、
同市においては、史上最悪となる大洪水が発生しました。


7月15日
スウェーデンで建国史上最悪の森林火災が発生。
歴史的な猛暑と乾燥のために、7月19日までに50カ所以上で
森林火災が発生しています。


7月23日
米カリフォルニア州北部では大規模森林火災が発生。
記録的な熱波のほか、乾燥した強い風が続くなどの悪条件が重なり、
今も拡大し続けています。
焼失面積は6日時点で約1150平方キロとなり、同州史上最大規模の
火災ということです。


7月23日
ギリシャの首都アテネ近郊での大規模森林火災が発生。
この火災による焼失家屋は 2万5000棟以上となっていて、
火災の中心地となったアテネ近郊のマティというリゾート地には、
ほとんど何も残っていないようです。
猛暑と乾燥でかつてない規模に拡大し、死者は 2日間で 74人に達しています。
そのわずか3日後となる7月26日、アテネで集中豪雨が発生し、
鉄砲水による洪水が発生しました。


また、地殻の下でも異常が起こっています。
アメリカ西海岸のカスケード沈み込み帯の北端にあたる
カナダのバンクーバー島では、
今年6月の下旬に2日間で500回を超える振動が起きていて、
このカスケード沈み込み帯で、マントルが上昇していることが
判明したそうです。

カスケード沈み込み帯は、かつてマグニチュード9の巨大地震を
発生させていて、このときの巨大津波は日本をも襲い、
岩手や宮城などの沿岸では最大で6メートルの高さの津波に
見舞われたそうです。
カスケード沈み込み帯での巨大地震の発生間隔は平均270年で、
前回の巨大地震が起きたのは西暦1700年1月26日。
すでに318年経っているので、いつ起きてもおかしくないと考えられます。


自然災害を止めることはできませんが、備えはできます。
また皆で声を掛け合い、温暖化防止を意識したライフスタイルに
変えていくこともできます。

多発している異常気象や異常現象のニュースを目にするたび、、
体調にあまり影響のない少し寒い時期などは、
できるだけ着衣などを調節して、電気やガスなどの力に頼らない努力が必要だと
痛感します。

しかし、今年の夏は本当に暑いです。
エアコンや扇風機を上手く利用して、熱中症にならないように気をつけましょう(^.^)/

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
スポンサーサイト
2018.08.08 Wed l 環境 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/291-f107e4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)