FC2ブログ
東日本メディコムの関根です。

今日は夏至なので一年のうちで最も昼の時間が長いのですが、
ここ埼玉は、あいにく正午前から局地的に強い雨が降っています。

日が短くなり始めるということは、今年もいよいよ後半戦に突入。
平成最後のお正月!と騒いでいたあの日から、あっという間の折り返し地点です。

昨年末に発表された2018年の今年の漢字は「災」でしたが、
今年は豪雪などの大きな雪害や、深刻な干ばつも耳にすることなく、
年の前半が終わると安堵していました。

そんな中で起きた山形県沖地震

実は、米国カリフォルニア州フォンタナで群発地震が発生していて、
5月26日から6月19日までの約3週間で1000回以上の地震が発生しているのです。
直近一ヶ月では、
5月26日に、南米ペルー北部でM7.2の地震
6月16日に、ニュージーランド北東部ケルマディック諸島でM7.2の地震
6月17日に、中国四川省でM5.8の地震
そして、6月18日に山形沖でM 6.8(最大震度 6強)の地震

通常M5以上の地震の発生頻度は、全世界で一日一回程度らしいのですが、
中国四川省で地震のあった17日から、山形県沖地震のあった18日までの 2日間には、
全世界でマグニチュード 5以上の地震が33回も起きていたそうです。

2019年6月17日
マグニチュード4以上 31回
マグニチュード5以上 16回
マグニチュード6以上 1回

2019年6月18日
マグニチュード4以上 28回
マグニチュード5以上 15回
マグニチュード6以上 1回


さらに気になるのは、環太平洋火山帯の噴火が止まらないことです。

5月7日に、インドネシアのシナブン山で大規模噴火(6/9にも巨大噴火)
5月18日に、インドネシア・バリ島のアグン山で大規模噴火(6/25にも溶岩流を伴う大噴火)
5月22日に、メキシコのポポカテペトル山で大噴火(6/14と6/17には、更に大規模の噴火)

環太平洋火山帯の地質活動が活発になってきているのかもしれません。
噴火と地震は密接な関係にあるので、今後の動きが気になります。


噴火と地震
気象庁HPより


私たちは、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火など、
様々な自然災害と常に隣り合わせで生活しています。
いつどこで何が起こっても不思議ではありません。

自宅や職場の災害リスクをハザードマップなどで確認して、
近隣の安全な場所などを把握しておくことが大事だと思います(^^)

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


スポンサーサイト



2019.06.22 Sat l 環境 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/297-e3ed5f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)