2005年の排出量を基準として、2020年までに15%削減する。

昨日、麻生総理が温室効果ガスの排出量削減の中期目標を発表しました。




早速、新聞各紙では

「2005年比15%では少なすぎる」

と批評されていました。


あれあれ?


チームマイナス6%に慣れてきた私たちにとっては、15%って大きい数字のように思えますが、15%ではだめなんでしょうか?



おっと、ここで単純に6%と15%を比較してはいけません。


京都議定書で約束した6%削減という数値は、1990年の温室効果ガス排出量を基準しているのです。
今回発表した数値は「2005年」が基準なのです。


今回の2005年比を1990年比に直すと・・・

難しい計算は省きますが、
8%削減」ということになります。


なるほど。確かに、京都議定書で発表した数値よりたった2%しか上積みされていません。

これでは諸外国が不満をあらわにしそうです。



新聞には

こんな少ない目標値では、世界に後れをとる恐れがある

と書いてありました。



ふむ。
15%では少ないみたいです。



今回、政府は4%減から30%減という幅広い選択肢を持っていました。

15%というのはその中間的な数値です。



日本人らしく真ん中をとって中間の数字を採用



したかどうかは定かではありませんが、二酸化炭素を大量に排出している鉄鋼・電力会社などの経団連派と、環境重視派の両方の顔を立てなくてはならなかったのでしょう。



確かに、数値は小さいのかもしれません。



外交や国内利益の損失など、私にはわからないかけひきや問題がきっとあるのだと思いますが、
少なくとも麻生総理は私たち国民に熱い言葉で会見を行いました。

もしかしたら数ヵ月後には総理が変わっているかもしれませんが・・・

それでも、私の周りの人間は「総理があれだけ言っているからやらなきゃ」と言っていました。


ついでに、

「可処分所得が年4万3千円減る、光熱費支出が3万3千円膨らむなど、家計への悪影響も避けられない」


なんて、書いてありましたが、


多少の国民負担はしょうがないと思いませんか?


もはや温暖化は待ったなしの状況なのに、なぜ協力しない?




おとと・・・少し熱くなりかけましたorz


中には温度が上がっているのは地球温暖化が原因ではない、温暖化は起こっていない、


なんていう人もいますが、

私には本当のことはわかりません。

原油の残量も何十年も前から「後40年分しかない」と言っています。

何が真実か、難しいことを勉強すればするほどわからなくなってきます。


でも、言えることは、


?エコは地球にとって決して悪いことではない。
?本当に温暖化が進行していたのなら、資源が枯渇するのなら、確かに困るのは子供たち。



ということなんです。



もしかしたら15%削減という数値は変わるかもしれませんが、

とりあえずやってみましょうよ。

目標が何パーセントなんてことよりも、確実に達成することの方が大切です。



まとまらずにスイマセンorz

なんか新聞読んでて腹が立ったもので・・・
じゃあ文句言っているあなたは何かやっているのか、ナンテ・・・


スポンサーサイト
2009.06.11 Thu l 環境 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/60-962ddba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)