いま太陽光発電を設置している方、及び設置しようと思っている方において、
ホットな話題といえば、


売電(余剰電力買い取り)2倍


だと思いますが、



ある程度、具体的な話がでてきましたよjumee☆excite1a


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


まず、

売電単価は、どうやら


48円


で決まりのようですファイト



東京電力管轄での現状の売電単価は

従量電灯B契約は17?24円、

オール電化の季節別時間帯別電灯契約は28.07円


というように、
電力会社や料金メニューによって異なっておるわけですが、

どうも一律になる雰囲気ですね・・・(まだ憶測です)


17?24円が48円になれば2倍!って感じですが、

28円が48円だと、1.71倍・・・


なんか損した気分ですが、20円上がるということで許して下さい。ねこ




さて、この特例期間ですが、大方の話どおり、

10年間

ということも決まりのようです。



ただし、
設置するのが遅くなるほど、売電単価は下がるのもほぼ決定。



i57.jpg


上の図のように、
2年目・・・具体的には

H23年に設置した人は42円に下がってしまいます。


それでも現状よりは高いわけですが、

H24年に設置した人は36円


そして

H26年に設置した人は24円

つまり元通り。

一応、翌年の売電単価は1?3月あたりに毎年決めるそうですが、
おおむね6円ずつ下げている方針のようです。


48円の最大の恩恵が受けられるのは、
すでに設置したパイオニアはモチロンですが、
来年までに設置を終えた方限定となります。





やっぱり早くつけた方がトク



です。




それと、太陽光発電だけではなく、エコウィルやその他の発電設備を設置しているダブル発電の住宅は、売電する量が多くなるとみなされ、初年度から39円の買い取りになるとのことです。
いいことしてるのにちょっと可哀想・・・かお


また、48円で売電できるのは、10kW以下の住宅用システムに限るとのこと。

規模の大きい産業用の太陽光発電システムは売電単価は24円になるそうです。それでも現在は11?15円程度ですから、悪くはありません。




また、この売電単価を上げるための財源は国民から広く浅く徴収するという方式をとるわけですが、この方式を


太陽光サーチャージ


と呼ぶみたいですびっくり

いろいろ計算式があるみたいですが、とりあえずは

国民の皆様から30?100円の負担を頂くことで運営することもほぼ決定。



長くなってきたので今日のところはここまで。
8/6に三回目の話し合いが行われておりますので、
その詳細が発表になったらまた書き込みたいと思いますぴーす

スポンサーサイト
2009.08.12 Wed l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emedicom.blog63.fc2.com/tb.php/74-a287ad8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)