FC2ブログ
東日本メディコムの関根です。

昨日、住宅用太陽光発電による火災発生のニュースが、
テレビや新聞などで取り沙汰されました。
弊社のお客様からもお問合せをいただいておりますので、
今回火災発生に至った太陽光発電について、少しお話しいたいと思います。

火災や発煙などの事故が発生した住宅用太陽光発電システムは、
2008年3月~17年11月の間に127件。
そのうち調査対象となった72 件のうち13 件が、
重大な火災事故になる恐れがあったとされています。
(13件の原因の内訳は施工不良が6件、経年劣化等が5件)

それでは、どのような太陽光発電が火災を発生させたのか?

住宅用太陽光発電システムのモジュールの設置形態は、
大きくわけて4 つのタイプに分類されており、
それぞれ火災発生のリスクが異なってきます。
消費者安全調査委員会による調査の結果、①及び②のタイプにおいては、
火災事故が確認されていません。


①「屋根置き型」
住宅の屋根材(瓦、スレート、金属屋根等)の上に架台を取り付け、モジュール
を設置するタイプです。
モジュール及びケーブルとルーフィングの間は、屋根材により遮られているため、
調査委員会の調査対象において、野地板へ延焼した火災事故等は発生していません。
2019-0130-1-1.jpg


②「鋼板等敷設型」
屋根材にモジュールが組み込まれているものや、屋根全面にモジュールが設置さ
れているもので、モジュール直下のルーフィング表面に、鋼板等の不燃材料を敷設
するタイプです。
モジュール及びケーブルとルーフィングの間は、鋼板等により遮られているため、
調査委員会の調査対象において、野地板へ延焼した火災事故等は発生していません。
2019-0130-2-1.jpg


③「鋼板等付帯型」
裏面に鋼板等の不燃材料を付帯したモジュールをルーフィング上に直接設置す
るタイプです。
モジュールとルーフィングの間は、鋼板等により遮られているため、調査委員
会の調査対象において、モジュールから野地板へ延焼した火災事故等は発生して
いません。しかし、モジュールの下へのケーブルの挟み込み等の原因により、ケ
ーブルが発火した場合にはルーフィング及び野地板へ延焼する可能性が考えられ
ます。
2019-0130-3-1.jpg


④「鋼板等なし型」
裏面に鋼板がないモジュールをルーフィング上に設置するタイプです。モジュ
ール及びケーブルとルーフィングの間に遮るものがないため、モジュール又はケ
ーブルが発火した場合、野地板へ延焼する可能性が考えられます。
2019-0130-4-1.jpg



弊社で設置させていただいた太陽光発電システムは、
すべて①の「屋根置き型」
となっておりますので、
火災を起こしたとされる陽光発電とは工法が異なるものです。
今後も安心してご利用ください。

また、施工はメーカーの施工IDを取得した技術者が正しく行っておりますが、
太陽光発電システム及び関連機器は、設置環境によって劣化の進行具合も
それぞれ違います。
発電量の急激な低下、パワーコンディショナからの異臭など、
システムに異常を感じた場合は、早めのご連絡をお願いいたします。


画像・情報元:消費者庁 - 住宅用太陽光発電システムに起因した住宅の火災事故に注意!

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


2019.01.29 Tue l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

おかげさまで弊社は今年創業40周年を迎えることができました。
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
2019.01.04 Fri l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
東日本メディコムの関根です。

西日本を中心に北海道や中部地方など被害が広範囲に渡った平成30年7月豪雨、
25年ぶりと言われる非常に強い勢力で日本に上陸した台風21号、
北海道では初めて震度7を観測した北海道胆振東部地震と大きな災害が続いております。

被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に、
復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。


こういった災害に伴い、太陽光発電協会では災害時の太陽光発電の取り扱いについて
注意喚起を促しております。

太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について
太陽光発電システム被災時の点検・撤去に関する手順・留意点【水害編】


また、資源エネルギー庁のホームページでは、
停電時の非常用電源として太陽光発電を使う場合について掲載しております。

停電時の住宅用太陽光発パネル自立運転機能について


太陽光パネルは光が当たれば発電してしまいます。
感電事故防止のためにも、災害等で破損した太陽光発電設備には、
触れないようにお願いいたします。
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
2018.09.11 Tue l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top
東日本メディコムの関根です。

台風13号の影響で、ここ埼玉の猛暑は小休止となりましたが、
週末からまた猛暑が続く予報となっています。

近年の日本では、毎年のように異常気象による激甚災害が発生していますが、
異常気象による災害に苦しめられているのは日本ばかりではありません。


5月25日
アラビア半島の先にあるオマーンで、
強力なサイクロンが直撃したことにより1日で同国の3年分
の雨が降ったために大洪水が発生しました。


5月27日
アメリカのメリーランド州のエリコットシティで、
わずか2時間で200ミリの降雨量を記録し、
同市においては、史上最悪となる大洪水が発生しました。


7月15日
スウェーデンで建国史上最悪の森林火災が発生。
歴史的な猛暑と乾燥のために、7月19日までに50カ所以上で
森林火災が発生しています。


7月23日
米カリフォルニア州北部では大規模森林火災が発生。
記録的な熱波のほか、乾燥した強い風が続くなどの悪条件が重なり、
今も拡大し続けています。
焼失面積は6日時点で約1150平方キロとなり、同州史上最大規模の
火災ということです。


7月23日
ギリシャの首都アテネ近郊での大規模森林火災が発生。
この火災による焼失家屋は 2万5000棟以上となっていて、
火災の中心地となったアテネ近郊のマティというリゾート地には、
ほとんど何も残っていないようです。
猛暑と乾燥でかつてない規模に拡大し、死者は 2日間で 74人に達しています。
そのわずか3日後となる7月26日、アテネで集中豪雨が発生し、
鉄砲水による洪水が発生しました。


また、地殻の下でも異常が起こっています。
アメリカ西海岸のカスケード沈み込み帯の北端にあたる
カナダのバンクーバー島では、
今年6月の下旬に2日間で500回を超える振動が起きていて、
このカスケード沈み込み帯で、マントルが上昇していることが
判明したそうです。

カスケード沈み込み帯は、かつてマグニチュード9の巨大地震を
発生させていて、このときの巨大津波は日本をも襲い、
岩手や宮城などの沿岸では最大で6メートルの高さの津波に
見舞われたそうです。
カスケード沈み込み帯での巨大地震の発生間隔は平均270年で、
前回の巨大地震が起きたのは西暦1700年1月26日。
すでに318年経っているので、いつ起きてもおかしくないと考えられます。


自然災害を止めることはできませんが、備えはできます。
また皆で声を掛け合い、温暖化防止を意識したライフスタイルに
変えていくこともできます。

多発している異常気象や異常現象のニュースを目にするたび、、
体調にあまり影響のない少し寒い時期などは、
できるだけ着衣などを調節して、電気やガスなどの力に頼らない努力が必要だと
痛感します。

しかし、今年の夏は本当に暑いです。
エアコンや扇風機を上手く利用して、熱中症にならないように気をつけましょう(^.^)/

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
2018.08.08 Wed l 環境 l コメント (0) トラックバック (0) l top
東日本メディコムの関根です。

関東地方も梅雨に入りました。
梅雨入りが発表された翌日から晴れて暑い日が続いておりますが、
今年の梅雨は序盤で大雨に見舞われる恐れがあるということなので、
河川の様子を見に行ったり、アンダーパスを通行したり、
事故のリスクが高い行動は避けるようにしましょう(^^;

さて本題です。
昨年FIT法が改正され、設備認定の大幅遅延が問題になりました。
(太陽光発電による電力の売電開始には、設備認定が必要です)
改正2年目の今年は受付窓口の作業プロセスも確立して、
スムーズに認定が下りると期待していたのですが、
昨年とほぼ変わっていません(`ヘ´)/

今年度の設備認定申請(入力)が可能となっていた初日(1月13日)に
申請した太陽光発電の設備認定が、6月9日現在も下りていないという
由々しき事態となっております。
つまり、1月13日以降に太陽光発電システムの設置を決められた方は、
誰も売電を開始できていないということになります。

太陽光発電を設置された皆さまには、一日も早く売電の楽しみを
実感していただきたいと思うのですが、
国(経済産業省)の認定遅延に阻まれ、売電の開始を何カ月も
お待ち頂いている状況です


申請窓口となっているJPEA代行申請センターのホームページは、
4月中旬から未更新で今年度の申請に関する進捗状況は、確認する
ことができません。
電話は常に混雑していて繋がらず、憤りを禁じ得ない昨今です(-_-;)
これが太陽光発電を含む再生可能エネルギーを普及したいという国の
取るべき姿勢なんでしょうか。
早く体制を改善して欲しいものです。

総務省に、国民の行政などへの苦情、意見、要望などを受付け、
行政の制度や運営の改善に生かす役目を担う窓口があります。
設備認定の遅延に関する苦情は、経済産業省よりも、こちらの
窓口に相談した方がいいかもしれません(^-^;

総務省行政相談センター

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
太陽光発電・蓄電池のことなら
東日本メディコム
048-550-3330
 まで
http://www.sanyo-solar.net/
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::


2018.06.09 Sat l 太陽光発電について l コメント (0) トラックバック (0) l top